フィナステリドはAGA(男性型脱毛症)の治療の際に使われる薬の成分です。AGAの治療においてフィナステリドは高い効果を発揮し、多くの患者から好評を得ていました。しかし、医薬品である以上副作用も存在します。

たくさんの薬と悩む男性
  • ホーム
  • 食生活で薄毛を改善!髪にいい食べ物とは

食生活で薄毛を改善!髪にいい食べ物とは

薄毛は、食生活の改善でも改善することができます。
食生活の中で普段の食べ物に食材を加えることで、薄毛改善につなげることができます。

まず、一般的に髪に良い食べ物と言われているワカメは、ヨードという成分が血行を良くする働きがあり、頭皮に栄養や血液を届けやすくすることができ、薄毛や抜け毛に効果があります。
卵は、髪に良くないのではないかと思われがちですが、髪の毛の健康を保つために必要なミネラルやセレニウム、鉄や亜鉛、硫黄などが含まれており、タンパク質も豊富に含まれております。

サーモンには、高品質なタンパク源に、ビタミンB-12や鉄分を多く含むオメガ3脂肪酸が豊富です。
油分と水分を保つ働きがあり、髪に欠かせない栄養素です。同様にサバやニシン、イワナといった魚もお勧めです。

髪の主成分となるケラチンというたんぱく質は、亜鉛が不足すると、合成がうまくいかず脱毛しやすくなってしまうため、亜鉛もとても大切です。
その亜鉛を最も多くふくむのは牡蠣です。

ビタミンA、C、E、Fを多くふくむ食品である緑黄色野菜も重要です。
緑黄色野菜のビタミンB群には細胞分裂を助ける働きがあり、ビタミンEには血行を促進する作用があります。
豆類にも、鉄分やタンパク質、亜鉛などが多く含まれており、髪の毛にとってとても重要な栄養が多く含まれております。

肉類には、タンパク質が主成分のため、髪を丈夫にするための栄養素となります。肉の中で、鶏肉は血液に必要な鉄分を大量に含みます。
豚足や牛筋に含まれるコラーゲンは、肌に良い成分として知られておりますが、頭皮も皮膚なので、頭皮環境を整えることにもつながり、また、コラーゲン自体、髪のツヤやハリを良くするという効果もあります。

ナイアシンや鉄分といった必須ミネラルが豊富に含まれている黒ごまも重要です。
頭皮の血行を促進する効果により発毛促進効果を促す効果もあります。

薄毛を抑制するために、大豆イソフラボンを摂取することもお勧めです。
大豆には、タンパク質も多く含まれているため、大豆製品も髪にとても良い食材です。

髪にいい食材を効率よく摂取できる料理とは

髪に良い食材を効率よく摂取するためには料理で組み合わせることが重要です。
料理によって、お互いを引き立てる料理を食べることで薄毛を改善させることができます。

まず、海藻として、ワカメを使った定番な味噌汁が挙げられます。
味噌汁には大豆を使った味噌を使うため、大豆イソフラボンも同時に摂取することができます。
さらに、豆腐を入れるので更に大豆イソフラボンの摂取ができます。
また、お湯でコンソメを溶かしワカメを入れるだけでできるワカメスープなどもお勧めです。

卵を食べるときは、生で食べてしまうと、白身に含まれ物質が、ビオチンの摂取を邪魔するため、熱を加えることによって、白身に含まれるビオチンを邪魔する物質との結合を防ぐことが重要です。
白身にも栄養が豊富なため同時にとることができるゆで卵や目玉焼きがお勧めです。

緑黄色野菜を効率良く摂取するためには、まず、ビビンバが挙げられます。
牛肉にはタンパク質や亜鉛、ビタミンB群などといった栄養素を効率よく撮ることができます。
野菜カレーもお勧めです。
野菜カレーには、様々な野菜を一緒に摂取することができるため、とても栄養価が高く、さらにスパイシーなため、血行も良くなり、栄養も行き渡りやすくなります。

牡蠣は、生牡蠣で食べるのが一番栄養素をより多くとることができます。
しかし、苦手な方も多くいらっしゃると思われるので、生が苦手という方は、栄養の溶け出した知るもしっかりと飲むことができる牡蠣鍋で食べれば、材料によっては、緑黄色野菜なども多くとれるのでお勧めです。

緑黄色野菜と黒ごまを一緒に食べることができる青菜の黒ゴマあえもお勧めです。
髪に良いビタミンやミネラルなどを効率よくとることができます。