フィナステリドはAGA(男性型脱毛症)の治療の際に使われる薬の成分です。AGAの治療においてフィナステリドは高い効果を発揮し、多くの患者から好評を得ていました。しかし、医薬品である以上副作用も存在します。

たくさんの薬と悩む男性
  • ホーム
  • 近年は女性の薄毛患者も増加しています

近年は女性の薄毛患者も増加しています

薄毛といえば男性が悩むもの・・というイメージがありますが、近年は女性の薄毛患者も増加しています。
最近、女性で増えているのが「女性男性型脱毛症」と言われる脱毛症です。
この女性男性型脱毛症が、どのようなメカニズムで起こるのかチェックしてみましょう。

女性男性型脱毛症は女性ホルモンが減少する事で起こる脱毛症です。
女性は加齢やストレスなどによって、女性ホルモンの分泌量が減ってしまう事があります。
特に加齢は女性ホルモンが減ってしまう大きな要因です。
なぜ、女性ホルモンの量が減ってしまうと薄毛になってしまうのかというと、男性ホルモンが関わっています。

実は女性の体内でも微量ながら、男性ホルモンが作られています。
女性ホルモンが減少してしまった事、そして男性ホルモンの作用によって女性も薄毛となるようです。
女性ホルモンの1つ「エストロゲン」は、髪を育てるという働きを持っています。
エストロゲンによって髪の成長期がキープされ、結果として薄毛になりにくいという仕組みです。

ただし、更年期に入ると一気に女性ホルモンの分泌量が減っていきます。
すると今まで影響を受ける事が無かった、男性ホルモンの影響を髪が受け始めてしまい、薄毛になりやすくなるのが女性男性型脱毛症の特徴です。

男性ホルモンのテストステロンは毛根にある毛乳頭に入り込むと、5αリダクターゼ酵素という酵素によって、ジヒドロテストステロンへと変化します。
このジヒドロテストステロンは髪の成長期を短くし、薄毛を引き起こす原因となるホルモンです。
更年期の女性は男性ホルモンの影響を受けやすいため、女性男性型脱毛症を発症しやすくなります。

女性男性型脱毛症になると髪の1本1本が細くなる、頭皮全体的にボリュームが感じられなくなるといった症状が起こります。
髪の分け目が薄くなったように感じる、ボリューム感が無くヘアスタイルがなかなか決まらないという場合、女性男性型脱毛症かもしれません。
特に更年期の女性は、女性男性型脱毛症の可能性を疑ってみましょう。

女性の薄毛改善にはHARG療法もおすすめ

近年増えている女性の薄毛改善におすすめの治療があります。
その治療とは「HARG療法」です。HARG療法は再生治療の1つで、最先端の薄毛治療として注目を集めています。
直接、頭皮に毛髪を再生できる成分を注入して、女性の薄毛を改善するのが特徴です。

HARG療法では幹細胞から作られた150種類以上の成長因子を、主成分としたカクテルと使用します。
カクテルを注入した頭皮は幹細胞の働きが活発化し、常に成長因子を分泌し続ける状態へと回復します。
幹細胞は人のありとあらゆる細胞の元です。
幹細胞がしっかり作用し成長因子が作られ続けると、発毛が継続してキープされます。

また、クリニックによっては成長因子の他に、ビタミン類やミネラル類といった、発毛を促す成分を独自に配合したカクテルを治療に用いて、さらに薄毛改善の効果を高めているようです。
治療が終わったとしても、発毛効果は続くため根本的に薄毛を解消できる点が、HARG療法の魅力となっています。
発毛率も高く、治療を受けた患者さんの約90%に発毛効果が見られたというデータもあるようです。

クリニックでは様々な薄毛治療が行われていますが、なぜHARG療法が女性におすすめなのかというと、発毛率の高さ以外に安全性という点も挙げられます。
内服薬での薄毛治療の場合、副作用の心配をしなければいけません。
薬の種類によっては女性は服用できないケースもあります。

HARG療法はというと女性でも問題なく受けられる治療ですし、副作用が起こる心配もほぼありません。
HARG療法は今のところ、健康保険は適用されず自由診療となっているので、費用面での負担はあります。
ですが、発毛率の高さや女性でも安心して受けられるという点を考えると、メリットの多い薄毛治療と言えるでしょう。