フィナステリドはAGA(男性型脱毛症)の治療の際に使われる薬の成分です。AGAの治療においてフィナステリドは高い効果を発揮し、多くの患者から好評を得ていました。しかし、医薬品である以上副作用も存在します。

たくさんの薬と悩む男性
  • ホーム
  • プロペシアジェネリックの1つ、フィンペシアとは?

プロペシアジェネリックの1つ、フィンペシアとは?

多色な薬

プロペシアは男性型脱毛症(AGA)を治療できる内服薬として、世界中で多くの人に愛用されています。
フィンペシアはこれとまったく同じ有効成分が配合された、プロペシアジェネリックのひとつです。
ジェネリック医薬品は先発薬の言わばコピー商品で、製法に若干の違いはあるものの、ほぼ同じ薬と考えて良いでしょう。

成分が同じなので、男性型脱毛症の予防や発毛促進といった効果は、先発薬のプロペシアと同じものが期待できます。
また副作用に関しても同様と考えられます。飲み方や注意点も先発薬と同じで、1日1回1錠を噛み砕かずに服用するのが基本です。
即効性がある薬ではなく、効果が現れるまでには半年ぐらい気長に続ける必要があります。
最初は抜け毛が止まる程度ですが、長期間服用すれば発毛を実感する方も少なくありません。

フィンペシアは製法や添加物などに、先発薬と少し違いがあります。
フィンペシアの着色料に発ガン性があるとして、一時話題になったことがありますが、この着色料は日本でも使用を認められているものです。
また現在では製法が変更され、この着色料は使われなくなっているため、過敏になる必要はないでしょう。

プロペシアは処方薬なので、購入するには基本的に病院で医師の診察を受けることが条件となります。
フィンペシアは日本では承認されていない薬で、正規のルートで購入することはできません。
一部のAGA専門病院では取り扱っている場合もありますが、ほとんどの方は個人輸入の通販で購入しています。
海外の医薬品を自己責任で利用したいときは、個人輸入の通販が便利です。

フィンペシアの通販購入というと面倒そうですが、個人輸入代行業者を利用すれば、煩雑な手続きは一切必要ありません。
ただしフィンペシアは人気商品なだけに、多くの偽物が出回っているため、信頼できる代行業者を選ぶことが大切です。
検索上位にヒットするような有名通販サイトであれば、それほど心配することはないでしょう。

プロペシアと同じ成分でも価格は安い理由

フィンペシアはプロペシアと比較すると、価格が安いことが特徴です。
プロペシアは1錠あたり250円程度ですが、フィンペシアの安価なものなら10分の1程度の価格で入手できます。
AGA治療薬は長期間にわたって服用する必要がありますから、この価格の違いは経済的に大きなメリットと言えるでしょう。
まったく同じ成分が含まれているのに、なぜフィンペシアは安価なのでしょうか。

一般に医薬品にはいくつもの特許が認められていて、コピー商品を作ることは原則禁止されています。
どうしても作りたいときは、先発薬のメーカーに巨額のライセンス料を払わなければなりません。
医薬品の開発には巨額のコストがかかるために、このような特許制度が世界の慣例となっています。

フィンペシアはインドの製薬会社が製造している薬です。
インドにも特許法はありますが、他の国とは少し異なっていて、プロペシアジェネリックの製造を公認しています。
そのため開発費やライセンス料を支払う必要がなく、安価で同じ製品を作ることができます。これが同じ成分でも価格が安い理由のひとつです。

最近では特許の一部が切れたため、日本のメーカーでもプロペシアジェネリックが製造できるようになっています。
ただし日本製のジェネリックは先発薬の6割程度の価格で、フィンペシアに比較すると高いと言わざるを得ません。
これは製造国の物価や人件費が影響していると考えられます。

フィンペシアを製造しているのはインド最大手の製薬会社のひとつであり、世界150か国以上に製品を輸出しています。
安いからといって品質が劣るわけではなく、十分な信頼性があると見てよいでしょう。
フィンペシアも安価ですが、先発薬と同等の品質が期待できます。

また、通販サイトでフィンペシアを購入することができるため病院でプロペシアを処方してもらうより、診察料などがとられないため価格を安く入手できます。
プロペシアを手に入れるためには、わざわざ毎回通院しなければならないため往復の交通費もかかりますが通販なら送料だけで済みます。
仕事などで忙しい方でも時間的にも通販だと楽でしょう。

サイト内検索
人気記事一覧