フィナステリドはAGA(男性型脱毛症)の治療の際に使われる薬の成分です。AGAの治療においてフィナステリドは高い効果を発揮し、多くの患者から好評を得ていました。しかし、医薬品である以上副作用も存在します。

たくさんの薬と悩む男性
  • ホーム
  • プロペシアの主成分、フィナステリドについて

プロペシアの主成分、フィナステリドについて

たくさんの薬

プロペシアは男性型脱毛症の治療に処方される薬です。国内では2005年からクリニックでの処方が始まりました。
男性の薄毛を治療で改善できるようになったとして、プロペシアは日本国内だけでなく海外でも高い注目を集めたという歴史があります。

プロペシアに含まれている有効成分「フィナステリド」の作用によって、男性型脱毛症を解消する効果を発揮します。
男性型脱毛症は男性ホルモンのテストステロンが、ジヒドロテストステロンへと変わる事で起こりやすくなる脱毛症です。

テストステロンが5αリアクターゼという酵素によって、ジヒドロテストステロンへと変化すると、髪のヘアサイクルを崩してしまうという事が分かっています。
人の体毛は自然と生えたり抜けたりを繰り返すサイクルが備わっており、髪の場合は通常成長期が約2年から6年もの間続きます。
しかし、ジヒドロテストステロンが作られると、髪の成長期が半年から1年と極端に短くなってしまうようです。

本来であれば、まだ成長する期間にある髪がヘアサイクルの乱れによって抜けてしまうため、薄毛になってしまうのが男性型脱毛症の原因です。
成長期が短くなるだけでなく、髪の成長がストップする退行期・休止期の期間も長くなるため、さらに薄毛が進んでしまいます。

プロペシアに含まれるフィナステリドは、テストステロンをジヒドロテストステロンへと変えてしまう5αリアクターゼの作用を抑制する効果を発揮します。
ジヒドロテストステロン自体が作られにくくなれば、ヘアサイクルも正常に戻り結果、男性型脱毛症を解消できるというメカニズムです。

今現在、男性型脱毛症の治療としてプロペシアの処方が一般的となっています。
男性型脱毛症の治療を受けられるクリニックであれば、大半でプロペシアを処方しているでしょう。
男性型脱毛症は男性ホルモンによって引き起こされる脱毛症なので、そのまま放置してしまうと、どんどん薄毛は進行してしまいます。
「もしかして男性型脱毛症かも」と感じている方は、プロペシアでの治療をおすすめします。

プロペシアは継続使用が前提の医薬品です

男性型脱毛症の治療として、最もポピュラーなのがプロペシアという内服薬での治療です。
服用方法は1日1回、1錠を飲むだけと簡単です。基本、水やぬるま湯で服用しますがアルコールと一緒に飲んでも問題は無いと言われています。
服用方法も簡単で、しかも薄毛を治療で解消できるという事もあり、プロペシアは世界中で爆発的な人気となりました。

ただ、どのくらい継続使用すれば良いのか気になるという方も多いでしょう。
プロペシアを服用してどのくらいで発毛効果が現れるのか、1度発毛すれば継続使用しなくても毛量をキープできるのかなどが、気になるポイントとして挙げられます。

発毛効果が出るまでの期間は薄毛の状態や体質などによって個人差はありますが、服用してから約6ヶ月で薄毛が目立たなくなったと感じる方が多いようです。
1年服用を続けたら後退していた生え際が前進したり、髪全体のボリュームがアップするなど他人から見ても、薄毛が改善されたと分かるまでになります。

ここまで発毛効果が現れたらプロペシアの服用をストップしても良いのではと思ってしまいますが、残念ながらボリュームをキープしたいのであれば継続使用しなければいけません。
プロペシアに含まれる有効成分のフィナステリドはジヒドロテストステロンの生成を、一時的に抑えているだけです。
服用している間はジヒドロテストステロンは増えませんが、止めてしまうと増加して男性型脱毛症の症状が進みます。

プロペシアを服用後、約24時間でフィナステリドは消失してしまうため、効果を持続したいのであれば毎日1錠の服用を続けなければいけません。
継続使用しなければ薄毛は進行してしまうものの、続ければフサフサとした髪をキープできます。
上手くプロペシアを活用して、薄毛の悩みを解消してみてはいかがでしょう。

サイト内検索
人気記事一覧