フィナステリドはAGA(男性型脱毛症)の治療の際に使われる薬の成分です。AGAの治療においてフィナステリドは高い効果を発揮し、多くの患者から好評を得ていました。しかし、医薬品である以上副作用も存在します。

たくさんの薬と悩む男性
  • ホーム
  • フィナステリドの副作用で胸が膨らむことがある

フィナステリドの副作用で胸が膨らむことがある

悩んでいる男性

AGA治療薬のフィナステリドは、1日に1回水かお湯で飲むだけという服用方法から飲む育毛剤とも呼ばれている内服薬です。
元々は前立腺肥大を改善するために研究された抗アンドロゲン薬で、髪の毛や毛根に対しての直接的な作用はありません。
具体的な作用機序は、II型5α-reductaseの活性を阻害するというものです。
これにより、この還元酵素が生産に関与しているDHTの生産が抑制されるので、この物質が原因で発症するAGAや前立腺肥大の進行が止まるという仕組みです。

ちなみに、DHTは生殖器の発育をサポートするなど男性の性機能に密接に関与しています。
このために、この物質の生産量が減少することにより、様々な副作用が発生する危険があります。
具体的には、1~5%未満に性欲の減退、1%未満に精液の減少・射精障害・EDです。

さらに、これらよりも頻度は少ないですが、乳房圧痛や乳房肥大という症状が起きることもフィナステリドの添付文書に記載されています。
この乳房圧痛や乳房肥大とは分かりやすく言うと、胸に張りや痛みを感じたり膨らんだりするということです。

このような症状が何故起きるのかについては完全には解明されていませんが、フィナステリドを服用するとDHTだけではなく大本の男性ホルモンまで減少するためという説が唱えられています。
その根拠となっているのがアメリカの国立生物工学センターの資料に掲載されている前立腺肥大の470人の患者にフィナステリドを45か月にわたって投与したところ、血中の男性ホルモン濃度が低下してしまったというデータです。

なお、このような副作用の多くはフィナステリドの服用を中止すれば速やかに回復するのですが、後遺症としていつまでも残ってしまうケースが報告されています。
これは、現在アメリカで問題となっているポストフィナステリド症候群というもので、その中には性機能関連の症状だけではなく抑うつ症状などの精神的な疾患が発症することも特徴です。

乳房肥大が発生したら服用方法を変えてみましょう

ポストフィナステリド症候群の厄介なところは、フィナステリドの服用をやめて一時的に症状が回復しても、しばらく経ってから再び悪化するケースがあることです。
こうした現象が起こる理由については、まだ研究中で仮説の域をでていません。
フィナステリドの副作用ではなく、加齢によって男性機能が低下しただけだという見方もできますが、それでは乳房の肥大や痛みといった症状は説明できないでしょう。

フィナステリドの服用を中止すると抜け毛が再発するので、そのストレスによって抑うつ状態になったり、性欲が低下したりするという説もあります。
性ホルモンは精神状態にも大きな影響を受けるため、髪の毛が再び生えてくれば意欲が回復する可能性もあり得ます。
ではフィナステリドの服用中に性欲減退や乳房の肥大などが見られたときは、どうすればよいのでしょうか。

ひとつの解決策として考えられるのは、外部から直接的に男性ホルモンを取り込む方法です。
しかし男性ホルモン補充療法は副作用のリスクが高く、長期間続けると自力で男性ホルモンを生成できなくなる恐れもあるため、お勧めできません。
生活習慣を見直してストレス解消に努め、できるだけ自然に回復するのを待つのが無難と言えるでしょう。

また服用方法を変えてみるのもひとつの方法です。
フィナステリドは継続することで効果を発揮する薬ですが、服用量や服用回数を変えて様子を見ながら、続けるかどうかを決めても遅くありません。
フィナステリドの副作用には精神的な要因も大きく関わっていると考えられるので、あまり気にするとかえって症状が悪化する可能性があります。
リスクと薬効のバランスを考慮して、それぞれの判断で利用することが大切です。

サイト内検索
人気記事一覧