フィナステリドはAGA(男性型脱毛症)の治療の際に使われる薬の成分です。AGAの治療においてフィナステリドは高い効果を発揮し、多くの患者から好評を得ていました。しかし、医薬品である以上副作用も存在します。

たくさんの薬と悩む男性
  • ホーム
  • ケトコナゾールの効果や副作用について

ケトコナゾールの効果や副作用について

ケトコナゾールは、イミダゾール系の抗真菌剤で、真菌症の治療に用いられる合成抗真菌薬の塗り薬の一つです。
皮膚カンジダ症や、水虫などの皮膚真皮症を発症した際に効果を得られます。
水虫などの皮膚疾患は、カビの仲間である真菌のうちの皮膚糸状菌が足の皮膚に寄生したものですが、皮膚カンジダも同様に皮膚の糸状菌が原因となっています。
ケトコナゾールは、強い抗真菌活性と幅広い抗真菌スペクトルを持ち合わせており、殺菌的に作用しますので、きちんと使用方法を守って使用すれば完全に治すことも可能です。

主に、クリームタイプ、ローションタイプ、スプレータイプが販売されていますが、それぞれの症状や好みの使用感で使い分ける事ができます。
どのような症状にも最も多く使われやすいのが、クリームタイプです。
ローションの場合、刺激が強いと感じる方もいますが、強く浸透するため皮膚が厚く角質化している足の裏などの患部にぬると効果的です。
また、このように角質が厚い部分は完治までに半年から1年程の時間がかかることがあります。医師から指示を受けた期間、きちんと治療を続けることが大切です。

ケトコナゾールの使用方法は、白癬や皮膚カンジダ症、水虫の治療の場合は1日1回患部に塗布またはスプレーします。
脂漏性皮膚炎の場合は、1日に2回患部に塗布またはスプレーして使用します。
ただし、用法容量はそれぞれの状態や症状により異なりますので、必ず皮膚科医などの専門家に指示を守ってご使用ください。

イミダゾール系の抗真菌薬は非常に効果があらわれやすく、刺激感などの副作用が少ないことからも幅広い皮膚真皮症の治療に使われています。
塗り薬であるため副作用は少ないものの、それでもすべての方に副作用が確認されていないわけではありません。
赤み、かゆみ、かぶれなどの症状や、ヒリヒリするなどの痛みを感じた場合には、赤みやかゆみが悪化する前に早めの医療機関を受診されることをおすすめします。

ケトコナゾールシャンプーの正しい使い方について

ケトコナゾールシャンプーは、頭皮の真菌症感染に殺菌作用を発揮することで、脂漏性皮膚炎やフケの減少だけでなく、育毛効果を有する点で一般的なシャンプーにはない特徴をもっています。
しかしその特性を遺憾なく発揮させるためには、使用法を誤らないことが大切です。
使い方を間違えては、せっかくの効果が見られないだけでなく、副作用のリスクも増すので注意して下さい。

市販の一般的なシャンプーでは、毎日の洗髪に使用します。
これに対して、ケトコナゾールシャンプーは1週間あたり2回の使用が原則とされています。
使用期間はケトコナゾール2%配合の場合では、2-4週間程度とされているので、治療目的では1ヶ月を目安に週2回のシャンプーで様子を見るようにしてください。

さらに実際の使用方法も幾分、特徴があります。普通のシャンプーでは十分に泡だてば、すぐに洗い流してしまって問題ありません。
案外忘れがちですが、どの種類のシャンプーをする時でも、事前にお湯を頭髪にかけてゴミやフケなどを洗い流しておくことが大事です。

そして、ケトコナゾールシャンプーの場合では、泡パックを行い成分を頭皮にしっかり浸透させることが肝要です。
500円玉ほどのシャンプーを手に取り、髪に馴染ませ頭皮に揉みこませていきます。
この時は頭皮の汚れを落とすために、軽くマッサージをするのがベターです。
指の腹で泡だてて成分を髪と地肌に行き届かせたら、3-5分間そのまま放置させ洗い流すようにして下さい。

ただし、ケトコナゾールは抗菌作用を持つので、人によっては赤みやかぶれ、痛みと言った刺激感を自覚することがあります。
このような副作用の兆候が見られたら、使用を中止し医師や薬剤師に相談するようにして下さい。